バタフライアブス効果★CMや通販で大注目の腹筋EMSマシンってどう?

皆さんは「EMS」というテクノロジーを使ったトレーニング器具をご存知でしょうか? ダイエットや筋トレに熱心な人であれば、一度は耳にしたことがあると思います。深夜の通販番組などで何度も紹介されているので、購入したことがある人もいるかもしれませんね。「EMS」は「Electrical Muscle Stimulation」の略で、「電気で筋肉を刺激する」こと。簡単に言えば、電気を筋肉に直接送り、筋肉の収縮運動を起こし、体を動かさずとも、筋肉を運動した時と同じ状態を生み出す仕組みとして、近年、筋トレ器具に多く取り入れられています。

 

さて、世に数多く出回るようになったEMS器具のなかで、最近、話題になっている『バタフライアブス』というマシーンがあるんです。
今回、『バタフライアブス』がなぜ注目を集めているのかを探るため、様々なメディアやネットで情報を集め、更に他の類似商品との比較もしながら、わかりやすくまとめてみました。
EMS器具に興味がある人はもちろん、ダイエッターには必見の内容です!ぜひ参考にしてみてください。

 

EMS器具の最大のメリットは超簡単&便利なこと<バタフライアブス 効果>

EMS器具の最大のメリットは、やはり「付けているだけ」で筋トレの効果が得られること。ジムに通って大型の器具で汗を流したり、自宅で辛い腹筋運動をしなくても、自然と筋肉がついて、痩せる効果から根強い人気を見せています。
使い方も本当に簡単で、貼り付けてスイッチを押すだけ。飽きっぽい人や、面倒くさがりな人でも、気軽に続けることができる仕組みなのも特徴と言えます。

 

 

『バタフライアブス』こんな人におすすめ
・辛く苦しい運動が苦手な人
・ジムに行く時間がなく、自宅でトレーニングしたい人
・腰痛やケガなどで通常の腹筋運動ができない人
・太ももやわき腹、二の腕など、腹筋以外の場所に使えないタイプのEMS器具を使っている人
・難しい操作がなく、すぐにトレーニングを始めたい人

 

『バタフライアブス』の商品概要

家事をしながら、テレビを見ながら、ネットサーフィンをしながらなど、他のことをしているうちに腹筋運動と同じ効果を得られる『バタフライアブス』。なぜ、その効果がもたらされるのか。マシンのメカニズムと機能を見てみましょう。

 

電気信号で腹筋を鍛えるEMS
電気刺激により、腹筋を収縮させるEMSの仕組みは同じでも、その詳細な内容にはメーカー毎に違いがあります。『バタフライアブス』の電気信号は、1分間に最大4200回が送られます。通常の腹筋運動では得られない回数と効率的な刺激により、表層的な筋肉だけでなく、内側にあるインナーマッスルも鍛えられ、引き締まった体になっていくのです。

 

10段階から選べる強さの調整
『バタフライアブス』が、多くの人に支持されている理由の一つが、EMS器具を初めて使う初心者から、ムキムキボディを目指す上級者まで、様々なレベル要求に応えられる強さのレベル調整。ソフトなものから、慣れてくればハードなメニューまで、10段階の強さを選択できます。更に、刺激のパターンもオリジナルの6種類のプログラムがあり、目的別のコースで鍛えることが可能です。

 

『バタフライアブス』の商品セット内容
・充電式装置(本体)
・ゲル電極パッド×2(約30回分)
・取扱い説明書(保証書は6カ月有効)
・USBケーブル、ACアダプター
初回のセットには、ゲル電極パッドは約30回使えるものが、2セット入っているので、購入から2カ月程度使えるのはいいですね。

 

『バタフライアブス』の特徴

いつでも好きな時に、様々な場所で使える
充電式で持ち運びが便利なので場所を選ばず、いつでも好きな時に使用可能です。また、電源コードを外せるワイヤレスタイプ、かつミニサイズで、女性でも扱いやすいのも人気の秘密です。

 

腹筋以外の箇所にも使える
『バタフライアブス』は、アブス(腹筋)という名前ではあるものの、腹筋だけではなく、二の腕や太ももなど、別の気になる箇所にも使うことができます。
他のEMS器具では、複数の箇所に兼用できないタイプもあるので、『バタフライアブス』のように、1つで事足りるのはお財布の面でもうれしいですね。

 

アメリカの政府機関FDAの基準をクリアした安心の製品
アメリカにおいて、生活の中で使われる製品の許可や違反物の取締を専門に行う機関、FDA(アメリカ食品医薬品局、Food and Drug Administration)。主に化粧品や医薬品、食品、たばこなどに一定の基準を設けて承認を与えている機関で、『バタフライアブス』もその一つ。政府機関が認可しているのはユーザーにとって安心の要素です。

 

『バタフライアブス』の使い方と注意事項

『バタフライアブス』は簡単に使える点も特徴。その利点と使う際に気をつけるポイントを紹介します。

 

充電方法
『バタフライアブス』の充電方法は、電源部分を電極パッドに触れるように置くだけという簡単なもの。充電式本体と電極パッドを取り外し、本体部分に充電。充電完了後に、再び電極パッドを取り付ければ使用可能です。

 

使用方法がとにかく簡単
電極パッドのジェル部分のシートをはがして、鍛えたい部分に貼り付け、スイッチオン! すぐにEMS機能が作動します。ジェル部分は冷たく感じることもあるので、使う前に少し温めておくとよりスムーズかもしれません。

 

電気刺激の種類選択もいたって簡単。本体部分で「プログラム」と「強さ」を設定して、スタートボタンを押すだけで、各プログラムやレベルが実行されます。
全6種類のプログラムのうち、初心者用1種類、中級者用1種類、上級者用1種類があり、その他にバリエーション豊かな特別プログラムが3種類揃っています。
プログラムは20分の短時間コースから、最長40分ものまで様々。使うシーンや目的に応じて選んでみましょう。メーカーのオススメは、1日3回、間隔をしばらく空けながらトレーニングすることだそうです。自分に合ったEMSのレベル、コースメニューを探すのも楽しそうですね。

 

 

使用上の注意
EMS器具のパッドは直接皮膚に貼り付けるため、敏感肌の人は注意が必要かもしれません。
また、ジェルシートは隙間があると、電気信号がきっちりと伝わらなくなるため、密着しているかを使う前に確認しておくほうがよいでしょう。
『バタフライアブス』専用のジェルシートは、約30回ほど使うと、粘着力が落ちてきます。その際は、別途でパッド部分だけ購入してください。
その他、妊娠中の人は使用ができず、出産後6週間は使用を控えるように指示されています。

 

『バタフライアブス』の購入方法

3つの通販サイトで購入可能!
公式サイトなら30日の返金保証がついて安心です。『バタフライアブス』公式の通販サイトの他、楽天市場やYahoo!ショッピングで購入できます。
公式サイトでの購入時は、ネット通販特別3,000円割引キャンペーンを適用でき、通常価格12,800円(税抜)が9,800円 (税抜)でになります(送料無料)。消耗品のパッド(約30回分)は、販売価格(2枚入) 3,800円です。
また、公式サイトで購入すれば、返金保証がついているのもうれしいポイント。効果が実感できない場合などは、返品・返金できる安心システムも大きなメリットです。

 

簡単便利なEMS器具『バタフライアブス』の情報を集めてみましたが、いかがだったでしょうか? 楽に痩せたいと考えている人にはピッタリな一方で、やはり、積極的に自分の生活習慣を見直したり、別の運動を組み合わせれば、より効果的な筋トレ効果が得られます。
『バタフライアブス』のながらトレーニングで、もし少しでも効果がみられたら、めんどくさがりな人でも、モチベーションが上がって、ダイエットに取り組めるようになるかもしれません。
まだEMS器具を知らない人も、他の器具で挫折を味わった人も、新たなトレーニングの入り口として、一度『バタフライアブス』を手にとってみるのをおすすめします。